1. ホーム
  2. 林昌寺 東京布教所について

林昌寺 東京布教所について

林昌寺 東京布教所では何をやっているのか?

毎日の法華経読誦

毎月の祈祷・祈願・回向、お守りの授与

日蓮宗の修行法、唱題行

日蓮宗の作法による法事

日蓮宗の作法による葬儀

日蓮宗の祈祷修法

干支九星術による人生相談 病気、人間関係、結婚、金銭問題等

 

 

 

林昌寺の理念 なぜやるのか?

 

【立正安国】

日蓮宗の最高経典である法華経は、どのような人でも佛となる種が備わっており、

そしてその根本は、はるか無限の過去に悟りを開いた久遠実成の佛であり、

人間のみならず、全ての「生きとし生けるもの」の命と繋がっていることを説いています。

真栄教会は、法華経を信仰の根幹とし、その一切が集約される南無妙法蓮華経の

お題目の広宣流布により、一切衆生を救済しようと努力精進する道場です。

この地球上全てのジャンルで巨悪がはびこり、悪魔、魔民が跳梁跋扈する現代社会、

人々は天変地異、病におののき、不安な日常を送っているのが現状であり、

法華経による祈祷修法・回向供養・相談鑑定等を通じ「立正安国」の精神に則り、

真実を探求し社会全体が妙法に帰依して平和な浄佛国土が顕現することを目的とします。

 

どうやってやるのか?

 

相談鑑定から始まり法華経読誦、唱題の力、

僧侶の知識、情報により悩める方々の現在の状態から少しでもマシな状態へと導きます。

相談者の生年月日から宿命、運命、現在の状態を導き出す。

その結果に応じた対処、祈祷修法、回向供養をする。

毎月のお守りを身に付け、諸天善神の守護を得る。

以上の体験で状態が改善し信を得ることができる。

更に修行することで自分、家族、地域、社会に貢献できる精神を鍛える。

 

建物について

 

   真栄教会は日蓮宗のお寺です。大曼荼羅ご本尊、法華経守護の諸天善神を奉安しております。
   戦前に一人の法尼がご自宅を改装しお寺になったのが始まりであり、
   昭和60年に現在の本堂に改修されました。
   静かな住宅地の中にある小さなお寺ですが、20名程座れる座敷があり、
   少人数でのご法事に対応できます。